TOP 日本福祉施設士会について 事業計画 情報提供 スケジュールリンク集

日本福祉施設士会について


日本福祉施設士会倫理網領

 日本福祉施設士会は、あらゆる人々の尊厳を重んじ、福祉施設の運営に精励し、国民の信頼に応えるべく、ここに会員自らの倫理綱領を定めるものである。
 福祉施設士は、社会福祉施設の運営、管理の責任を担うものであり、社会福祉に関する深い専門的知識・経験の蓄積と倫理性、公共性に基づいた社会的責任を自覚し、福祉活動を展開しなければならない。

1.福祉施設士は、利用者の基本的人権を尊重し、国民福祉の向上に努める。
2.福祉施設士は、福祉施設運営の質的向上に努め、利用者中心の福祉サービス充実を図る。
3.福祉施設士は、地域福祉向上のため、積極的にその役割を果たす。
4.福祉施設士は、社会福祉における専門家としての自覚をもち、創造性と開拓性を発揮すべく自己の研鑽に励む。

(平成21年3月18日改正) 


日本福祉施設士会とは

 「福祉施設士」の資格を有する者が、社会福祉施設運営管理の専門職として、資質の維持、向上のための生涯研修ならびに、福祉施設職員等の養成研修につとめ、施設福祉と地域福祉の推進に寄与されることを主な目的に、昭和54年に組織され、平成4年、全国社会福祉協議会の「専門職員組織」に位置づけられました。
 会員である「福祉施設士」は、施設の運営・管理全般にわたる生涯研修、「福祉QC」活動の普及などを通し、施設サービスの質の向上に資する自己研鑽を行っています。

組織図
組織図


代議員名簿


役員体制・委員会体制