TOP 日本福祉施設士会について 事業計画 情報提供 スケジュール リンク集

情報提供

海外研修セミナー2004 研修報告

 本会では、9月22日(水)〜10月1日(金)までの10日間、(1)障害者を対象としている介護保険制度を持つドイツの現状を理解する、(2)ドイツにおける保育形態についての現状を理解する、(3)福祉施設訪問により施設経営(運営)の実践および利用者サービスの質の向上策について学ぶ、(4)パラリンピック視察によりノーマライゼーションについて理解を深める、の4点を目的に「海外研修セミナー2004」を実施、ドイツ・ベルリン、ハンガリー・ブタペスト、ギリシャ・アテネを訪れた。参加者は、森田弘道副会長を団長とする27名。
 今回のセミナーでは、介護認定機関や現地の施設を訪問したほか、アテネで開催されたパラリンピックの車いすバスケットボール(男子)決勝の観戦と閉会式に参加した。
 以下に参加者からの研修報告を掲載する。


日本福祉施設士会海外研修セミナー2004研修レポート
日本施設士会副会長 セミナー団長 森田 弘道
写真:参加者一同 ベルリンの街並み ベルリンの街並み ベルリン駅 ブタペストの街並み ブタペストの街並み アテネの街並み アテネの街並み フェアウェルパーティー

ドイツの福祉制度に対する意見交換
MDKベルリン・ブランデンブルク州介護保険認定機関
◆スティアン氏(介護保険課課長) ◆シール氏(介護保険課副課長)

REPORT 蓮池年民・後藤忠啓・井上建一
写真:MDK外観 MDK看板 スティアン氏(左)とシール氏(右) 説明を行うスティアン氏

ドイツの在宅福祉サービスの実際について
ドイツ赤十字社ベルリン支部ソーシャルステーション(HAVEL-SPREE支部)
◆FRANK WETZEL氏(所長)

REPORT 江原弘一・潮田花枝・原口由紀子
写真:HAVEL−SPREE支部外観 HAVEL−SPREE支部外観 HAVEL−SPREE支部外観 説明を行うFRANK氏

障害者向け作業所VFJを訪問して
Anerkannte Werkstatt fur Behinderte der Vereinigung fur Jugendhilfe(ベルリン)
◆シュタイマン氏(品質管理部門担当者) ◆クプラー氏(作業準備部門担当者)

REPORT 志賀俊紀・松葉佐正・山川恵子

一町と見紛うばかりの大規模複合福祉施設
聖ヨハネス財団(ベルリン)
◆コルプ氏(広報担当者)

REPORT 城純一・笠原榮作

障害児受け入れ幼稚園を訪れて
INTEGRATIONSKINDERTAGESSTAETTE
◆MS. STEINER氏(園長)

REPORT 佐藤就之・田崎精一・新井由美
写真:幼稚園外観 園長のMs.STEINER氏(右) 副園長(左) 説明を受ける参加者 内装 内装 廊下 ロッカー グラウンド 参加者一同

ベルリン市立幼稚園からわが園の保育環境を考える
−遥か12時間以上の空の旅、言葉や時差に悩まされながらもベルリンの地に学ぶ。
ベルリン市立幼稚園(ベルリン)
◆Ms. HARKOTT氏(園長)

REPORT 難波富江・縄稚貴美子・藤井資恵
写真:幼稚園外観 内装 内装 内装 グラウンド ベット ベット 遊具 遊具 遊具 スヌーズレン スヌーズレン 参加者一同

ハンガリーの「私立老人ホーム」を視察して
アラニケ・イドゼク・オトハナ
◆アンドレア氏(施設長)

REPORT 三上貴生・城邦子・津田利幸
写真:外観 外観 説明を受ける参加者

パラリンピック競技・閉会式
REPORT 遠藤弥生・藤野輝久・志賀広子
写真:パラリンピック会場 パラリンピック会場 パラリンピック会場 車いすバスケットボール会場 車いすバスケットボール決勝開始 車いすバスケットボール試合 車いすバスケットボール試合 車いすバスケットボール表彰式 パラリンピック閉会式 パラリンピック閉会式 パラリンピック閉会式 パラリンピック閉会式 パラリンピック閉会式 パラリンピック閉会式 パラリンピック閉会式 パラリンピック閉会式

ギリシャの福祉の現状にふれて
−パラリンピック実行委員との意見交換−
パラリンピック関連設備 整備プロジェクトマネジャー
◆マリリー・クリストフィ氏(建築士)

REPORT 川上淑江・中野菊乃・福島廣子
写真: マリリー・クリストフィ氏(左)と森田団長(右) 説明を受ける参加者 説明を受ける参加者

戻る